電話
メール

サッと出来る清掃!キッチン編ー

2021.9.13

大阪府高槻市で不用品回収、粗大ゴミ回収をしております関西片付け隊です。

キッチンはお料理をする場所、言い換えれば自分が口にするものを扱う場所です。

どこよりも清潔な空間として保ちたいと思いませんか?

今回はサッと出来る清掃方法をご紹介します。

清掃方法ーグッズ別

キッチンは毎日使う場所だからこそその分汚れもどんどん溜まっていきやすい場所です。

コンロ周りの油汚れやシンクの水垢はいつの間にかこびりついてなかなか落ちませんよね。

キッチンもお風呂と同じで少しの努力が後の自分を救ってくれます!

  • 1.重曹とクエン酸

お掃除グッズとして有名な重曹とクエン酸ですがこの二つは何が違うのでしょうか?

意外と知らない方も多い性質と用途をそれぞれ簡単に説明します

重曹は弱アルカリ性で水に溶けにくいのが特徴です。

また粒子が細かいのでコンロや鍋にこびりついた焦げなどを落とす時に有効です。

使い方は直接振りかけて汚れを吸着させ拭き取るだけなので誰でも簡単に出来ます!

クエン酸は重曹とは反対の酸性で水垢の正体であるカルシウムにとても有効です。

電気ポットの中の白い汚れやシンクの周りの水垢はクエン酸を布に含ませて拭き取れば効果が期待できます。

また重曹とクエン酸を混ぜて排水溝に振りかければ手の届きにくい奥の汚れまでしっかり浮かせられます。

キッチンを使い終わった後や寝る前に使わない時間を活用して清掃しましょう。

  • 2.食器用洗剤とスポンジ

食器用洗剤とスポンジはもちろんお家にありますよね?

食器洗いが終わった後、スポンジに残った洗剤でシンクを軽く絞りましょう。

食器と同じスポンジを使うのに抵抗がある方は専用のスポンジを用意してください。

擦ってすすいだ後は、手をふき終わったタオルで水分を拭き取りましょう。

この一手間でシンクの水垢汚れは阻止出来ます。

  • 3.クレンザーとブラシ

ちょっとした汚れはその都度取ることが重要です。

クレンザーもしくは先ほどご紹介した重曹とブラシ(使い古した歯ブラシでも可)をすぐ使える場所に置きましょう。

気になった時にサッと掃除できます^^

まとめ

今回はキッチンに関する清掃方法をご紹介しました。

自分が口にするものだから扱うものも清潔に保ちたいですよね。

調理中の少しの待ち時間にできる清掃から、キッチンを使わない時間を有効活用した清掃までできることが意外とたくさんあります。

ぜひ明日から実践してみてください!

汚部屋・ゴミ屋敷専門対応
関西片付け隊 対応エリア