電話
メール

ぬいぐるみの捨て方

2021.4.16

ふわふわで可愛いぬいぐるみは、UFOキャッチャーで手に入れたりプレゼントされたりと、ついつい集まってしまいがちなアイテムのひとつです。子供時代から長い時間を過ごした思い出のあるぬいぐるみは、処分するのにためらってしまいます。気持ちよく手放す方法をご紹介します。

1.燃えるゴミとして処分する

ぬいぐるみは、燃えるゴミとして処分する事ができます。大きさや金属のパーツの扱いなど処分する時に注意すべき点などを確認しましょう。

またぬいぐるみをごみとして出す場合のマナーも合わせたご紹介します。

まずは各自治体の処分方法の確認

ぬいぐるみを自治体のゴミ収集に出す場合は、事前に分別が必要です。金属のパーツなどは取り外しましょう。また大きなぬいぐるみは粗大ゴミの取り扱いになる場合もあります。一般的に一辺が30㎝以上のものは、粗大ゴミ扱いになるのでお住まいの自治体に処分方法を確認しましょう。

この方法だと小さいぬいぐるみなら無料で処分する事ができることに加え、粗大ゴミとしても費用を抑える事が出来ます。また自治体によっては燃えないゴミとして回収している所もあるのでご確認の上、処分して下さい。

ぬいぐるみをゴミとして出すときのマナー

生ゴミ等と同様、袋ごしに見えるように入れてしまっては、偶然見た子ども達がびっくりしてしまうかもしれません。最低限のマナーとして紙袋などに入れて外から見えないようにゴミに出しましょう。また時間があれば心を込めて解体し、生き物としての形を残さないようにしたり、目元を布などで覆い視線を感じさせないようにするのも手です。

もしぬいぐるみをゴミとして出すのに抵抗があるなら、お清めの意味で塩をかけて袋に入れましょう。これまでありがとうという感謝の気持ちをこまて丁寧に扱えば後ろめたさも少しは軽減されるかもしれません。

ぬいぐるみをお得に処分

状態が良い、ぬいぐるみが大きい、処分したぬいぐるみが多い場合には、ゴミにしてしまうのではなく売却や寄付、業者に回収を依頼する事も検討してみましょう。

大切にしていたぬいぐるみが新しい持ち主に可愛がってもらえるかもしれません。また、うまくいけばちょっとしたお小遣いになるかもしれません!

寄贈する

まだ綺麗で使えるけど不要なぬいぐるみは、幼稚園や保育園、学童保育、小児科のある病院など子ども達が集まる施設に寄贈してみるのもいいかもしれません。持ち込みたい場合は、一度受け入れてくれるか確認しましょう。

オンラインでぬいぐるみの寄付を募っている団体もあります!送料や寄付金、活動実積など負担することもありますが手軽です。ぬいぐるみは、国内外の各種支援団体へ送られ日本だけでなく世界の子ども達に届けられます。

オークションやリサイクルショップへ売却

処分したいぬいぐるみの状態が良く人気のキャラだったり限定品などのレア物は、売却を検討してもいいでしょう。思わぬ高値がつくこともあります。

オークションやアプリを使用し売却する場合は、写真や送料など個人でのやりとりをする必要がありますが自分が納得する額で売却する事が可能です。

不用品回収業者に依頼

処分したいぬいぐるみが大量あったり、とても大きなぬいぐるみがある場合は、業者に依頼する手もあります。自宅に引き取りに来てくれるため簡単かつガラスケースに入った物やぬいぐるみの棚にども一緒に処分依頼する事も可能です。不用品回収業者に依頼する場合は、料金設定など確認し不要なトラブルを防ぎましょう!

関西片付け隊では、お客様の大切なぬいぐるみもしっかり処分致します。お考えの方は一度ご相談下さい!

汚部屋・ゴミ屋敷専門対応
関西片付け隊 対応エリア